騒音のうるさいゐなかの私3

2011年4月3日 (日)

このブログは約1年半、休眠状態であるが久しぶりに記事を書く。それは、この地域の騒音についてだ。

このブログでは、大分前になるが防災無線の騒音について2つの記事を書いた。2007年5月26日の防災無線のうるさいゐなかの私と、2007年6月20日の防災無線のうるさいゐなかの私2だ。これらの記事に対し、静かな街を考える会という市民団体からリンクの申し出があった。もちろん、リンクOKです。

この防災無線については、その後状況の変化があった。上記記事によれば、うるさい防災無線の毎日の放送は2006年半ばから始まった。それは昨年2010年3月22日まで続いた。計4年弱、毎日放送されたことになる。上記ブログ記事のとおり、毎日その放送の時間に思考を遮断され苦痛の毎日であった。そして昨年3月23日、この地域は市町村合併により隣の市に吸収された。その結果、防災無線の放送内容も変更があった。

昨年3月23日以降、放送は一日置きとなった。そしてその内容も、「家に帰る時間となりました。気を付けて帰りましょう。」という短いフレーズが1回のみと、放送時間はかなり短くなった。その結果、私の苦痛はかなり軽減された。とはいえ、その苦痛はもちろんゼロではない。しかしその苦痛が微々たるものと思わせるような別の騒音問題が発生した。

それは、近隣のモトクロス場からのバイクの騒音だ。10台ものバイクが、騒音軽減のマフラーを付けずに高回転でエンジンをふかして走り回っている。そのモトクロス場は土日休日のみオープンだが、その日はどんなに気持ちの良い風の吹いている日でも窓は開けられない。何度も市役所に文句を言った結果、役所はやっと騒音を計測したが、その騒音は住宅地なら環境基準に抵触するレベルだった。そのモトクロス場との戦いは始まったばかりだ。その経緯は、このブログで時々書くことになるだろう。

新ドメイン&サーバ移転

2009年12月16日 (水)

新ドメイン http://www.momologue.net/ にて新サーバに移転しました。

武久源造/ジルバーマンモデルのフォルテピアノ

2009年8月24日 (月)

昨日、次のコンサートを聴いた。

2009年8月23日(日)
[タイトル]
本郷教会サマーコンサート2009
オール・バッハ・プログラム~フォルテ・ピアノ[ジルバーマン・モデル]と共に

[曲目]
J.S.バッハ:
(1)詩篇第51篇 <至高なる者よ、わが罪を取り除きたまえ> BWV1083
 (ペルゴレージ作曲《スターバト・マーテル》より J.S.バッハ翻案・編曲)
(2)鍵盤と2本のリコーダーのためのコンチェルト ヘ長調 BWV1057
(3)シャコンヌ BWV1008より (武久源造編曲)
(4)モテット <すべての異教徒よ、主をほめよ> BWV230

[会場]
日本キリスト教団 本郷教会礼拝堂(東京・上荻)

[出演]
フォルテ・ピアノ 武久源造
ソプラノ 今村ゆかり/柴田圭子
アルト 羽鳥典子/淡野弓子/影山照子
器楽:ユビキタス・バッハ
リコーダー 淡野太郎/小俣達男
合唱:ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京
指揮 淡野太郎

この団体の演奏は1年に1回程度聴いている。昨年もこのブログに演奏会の感想「J.S.バッハ/カンタータ第42番を聞いて」を書いた。

さて演奏について。
(1)はペルゴレージ作曲《スターバト・マーテル》をバッハが編曲し言葉も変更した曲。バッハの編曲は、ヴィオラが追加されただけであとはそれほど変更はないようだ。演奏は、残念ながら良くなかった。極めて雑然とし、音楽の方向がまったくはっきりしない。指揮の淡野太郎氏はペルゴレージとバッハの違いを明確にするつもりか、低音のチェロ、コントラバス、ファゴットを強めに出していたが、これは強すぎて鈍重な響きになっていた。声楽ソロも、アルト影山氏の宗教曲には似つかわしくない地声には参った。オーケストラも精度が悪く、出だしの不一致が散見。またヴァイオリン二本のソロも、音程が合わないうえ二人の表現がまったく違う。合唱も雑然。唯一の救いは、アルトの羽鳥氏の安定したソロで、彼女の声の箇所はほっとして聴いていた。

(2)の協奏曲は、ブランデンブルグ協奏曲第4番と同じ曲で、ブランデンのヴァイオリンソロの代わりに鍵盤ソロの曲。通常はチェンバロソロだが、今回は著名な鍵盤奏者である武久源造氏がジルバーマンモデルのフォルテピアノで演奏した。フォルテピアノはもう少し時代が後の楽器のように思うがそうではなく、バッハはこのジルバーマンのフォルテピアノを演奏しジルバーマンに改良を求めていたそうだ。今回の楽器はそのコピー楽器で演奏し、指揮も武久氏だった。

曲の冒頭から度肝を抜かれた。強烈な主張をもった演奏だ。オーケストラも(1)でレベルの低い演奏をした団体とはとても思えない。武久氏の変幻自在の音楽について行き、あるときはぶつかり、非常にすばらしい演奏だった。武久氏の解説によると、このフォルテピアノは、音色ストップは、ピアノとチェンバロの2ストップ。そしておのおの1本弦と2本弦で音量差を付けられるので、2×2の計4つの色を持った楽器とか。ところが武久氏の音色の変化は無限と言って良い。武久氏も、自分の表現意欲に応えられる楽器を初めて見つけた、といった感じで嬉々として演奏。特に1楽章は秀逸だった。3楽章はオケのレベルからは速すぎたが、充分な音楽的エネルギーを感じた。

ただ、リコーダー2本は音量バランス的に若干弱かった。フォルテピアノと弦があれだけ意欲的な演奏をすると、結果としてリコーダーが音量的に埋もれるのは止むを得ないだろう。その音量不足を補うため、1stリコーダーの淡野氏は若干オーバーブロー気味ではあったが大きな動作で音楽をアピールしていた。このあたりは淡野氏の声楽家としての面目躍如たるものがある。2ndリコーダーは端正にきちんと音楽をまとめていた。

次はフォルテピアノのソロで(3)シャコンヌ。この曲の編曲は様々の作曲家が行っている。一番有名なのはブゾーニの編曲だが、私はあの編曲が大嫌い。なので、武久氏の編曲にも大して期待していなかった。が実際に聴くと、すばらしいなんてものではなかった。このフォルテピアノの音色の多様性を最大限に生かした編曲・演奏。中間部でのppの音色の変化には思わず鳥肌。この編曲は、このフォルテピアノがあって初めて生きる編曲だと思う。

これまでの武久氏の2曲で音楽を充分に堪能した私としては、最後の(4)モテットには全然期待していなかった。しかし、これは良かった。1曲目と同じ合唱団とは思えない出来。通奏低音のファゴットも秀逸だった。

この演奏会を聴いて、武久源造という音楽家の「凄み」を感じた。すばらしさ、というより凄み、それも狂気との境目にあるような。その武久氏と比べるのは酷だが、この団体常任指揮者の淡野太郎氏は非常な研鑽が必要、と感じた。

ちなみにこのフォルテピアノの調律は、あまり一般的ではない「バッハ調律」とか。ちょっと調べたが、Johann Sebastian Bach’s tuningのようだ。

TurboGearsバージョンアップしたら動かない-3

2009年3月8日 (日)

このブログの2月16日記事TurboGearsバージョンアップしたら動かないと、2月22日の記事TurboGearsバージョンアップしたら動かない-2で書いたとおり、TurboGearsを1.0.8にバージョンアップした際に様々な問題が発生した。今日はその続編。

ちょっとしたWEBアプリをTurboGearsで作ることにした。少しは違うことをしたくなり、ビューテンプレートをCheetahにしてみた。標準のテンプレートはKidだが柔軟性に欠けるのと重いことがマイナス要因となり、速いと評判のCheetahにした。TurboGearsは少し前のバージョンからCheetahも使えるようになっている。なお次期バージョンではGenshiがデフォルトとなりCheetahはサポートされないようだが、Genshiは少々難しそうなのでとりあえずは使ったことの無いCheetahにした。

考え方の若干の違いはあるが様々なテンプレートエンジンを使用したことのある私にはそれほど大きな問題ではなく、とりあえずのテスト表示は上手く行った。ところが、プログラム中から与えた日本語文字が表示できない。表示できないのではなく、実行時エラーで止まってしまうのだ。次のようなメッセージが表示される。

File “c:\progra~1\python25\lib\site-packages\Cheetah-2.0.1-py2.5-win32.egg\Cheetah\DummyTransaction.py”, line 32,
in getvalue return ‘’.join(outputChunks)
UnicodeDecodeError: ‘ascii’ codec can’t decode byte 0xe3 in position 428: ordinal not in range(128)

良くある日本語文字コードの問題だ。そこで思い当たる箇所をチェックしてみたが問題はない。私のプログラムは文字列は原則としてUNICODEベースでプログラミングしている。問題の文字列をUTF-8文字列にしたところ、上手く行った。ビューはUTF-8なので与える文字列は同じUTF-8にしなければならない、ということか。

いや、それは困る。いままでKidではUNICODE文字列を直接与えても問題なく表示できていた。テンプレートをCheetahに変えるとプログラミングを変更しなければならないのでは話にならない。ちなみにTurboGearsの設計では本体のプログラムミング変更無しでテンプレートだけ変えれば良いはずなのだ。

エラーメッセージを良く見ると、CheetahのDummyTransaction.py という箇所でエラーが発生している。”DummyTransaction”とは、なにやら本質的ではない処理のようだ。その本質的でない箇所のエラーでCheetahが使えないのでは癪に障るので、DummyTransaction.pyの問題の箇所を修正した。

修正前:

        def getvalue(outputChunks=outputChunks):
            return ''.join(outputChunks)

修正後:

import types
...
        def getvalue(outputChunks=outputChunks):
            strJoin = ""
            for chunk in outputChunks:
                if isinstance(chunk,types.UnicodeType):
                    chunk = chunk.encode('utf-8','ignore')
                strJoin = strJoin + chunk
            return strJoin

これで問題なく動くようになった。

PHP言語のエラーメッセージ

2009年3月4日 (水)

2回連続で書いたとおり、いまPHP言語のWEBフレームワークを使ったWEBアプリケーションをプログラミングしている。PHPはC/C++言語に似ているのでマスターするのは速かったが、少々戸惑うこともある。それは、エラー時のエラーメッセージだ。WEBアプリなのにPHP側からのエラー文字列がブラウザに表示されてしまうのだ。それでは困るので、関数の前に@ マークを付けてエラー出力を抑止している。しかしこれではエラーが発生したときのエラーメッセージがこんどはわからなくなってしまう。

このような場合は、通常は例外を発生させるべきで、例外インスタンスからエラーメッセージ文字列が取得されるべきだ。おそらくPHPの古い部分、例外実装前のコードが原因だろう。このあたりは、古い言語だから起きる問題とも言えよう。

2017年 12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

プロフィール

バロック音楽と古楽器と自由を愛するソフトウェアエンジニアmomoが音楽やITを語り、世相を斬ります。

カテゴリー

検索

最近のコメント

 
 

QLOOK ANALYTICS